×

広島市の新サッカースタジアムに落書き サンフレッチェ広島が警察に被害届を提出

2024年2月24日 13:06
広島市の新サッカースタジアムに落書き サンフレッチェ広島が警察に被害届を提出

広島市の新サッカースタジアムのトイレで落書きが見つかった問題で、サンフレッチェ広島は23日、警察に被害届を提出しました。落書きはエディオンピースウイング広島で2月10日に開かれたガンバ大阪とのプレシーズンマッチの終了後に発見し、2階北側にあるビジター専用エリア内のトイレの個室の扉4か所に油性ペンで文字が落書きされていました。サンフレッチェは、スタジアムの施設所有者である広島市と協議をして23日、広島中央警察署に被害届を提出しました。サンフレッチェ広島は「落書きは犯罪行為です。公共施設である本スタジアムは、 市民の皆様の大切な財産であり、 サッカーファンを始め多くの方 が利用する施設です。ルールを守った利用をお願いします」とコメントしています。

    • 広テレ!NEWS NNN
    • 広島市の新サッカースタジアムに落書き サンフレッチェ広島が警察に被害届を提出