×

大隅半島東方沖で地震 宮崎県で最大震度5弱 鹿児島県内は大崎町と錦江町で震度4 津波の心配なし

2024年4月8日 11:50
大隅半島東方沖で地震 宮崎県で最大震度5弱 鹿児島県内は大崎町と錦江町で震度4 津波の心配なし

 8日午前10時25分ごろ、大隅半島東方沖を震源とする地震がありました。宮崎県で最大震度5弱を観測したほか、県内でも大崎町と錦江町で震度4を観測しました。この地震による津波の心配はありません。

 8日午前10時25分ごろ、大隅半島東方沖を震源とする地震がありました。震源の深さは40キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.2と推定されます。

 この地震で、宮崎県日南市で最大震度5弱を観測したほか、県内でも大崎町と錦江町で震度4、志布志市や鹿屋市、鹿児島市などで震度3を観測。県内の広い範囲で震度1から3を観測しました。

 この地震による津波の心配はありません。

 この地震の影響で、東九州自動車道の野方インターから曽於弥五郎インターの間で道路の緊急点検のため通行止めとなっています。
 
 また、志布志市役所によりますと地震発生時、庁舎内エレベーターが停止しましたが、中に人はいなかったということです。

(震度4を観測した大崎町の住民)
「体感的には最初から横揺れがひどくて長く感じた。初めての感覚だった」

 志布志市の石油備蓄基地は影響はなかったということです。
 
 地震を受け福岡管区気象台は、今後1週間程度は最大震度5弱程度の地震に注意するよう呼びかけています。また、このあと正午から今回の地震について記者会見を開くということです。

    • KYT NEWS NNN
    • 大隅半島東方沖で地震 宮崎県で最大震度5弱 鹿児島県内は大崎町と錦江町で震度4 津波の心配なし