×

剣道の最高位 “範士八段” の72歳「剣道歴65年」尽きぬ探求心で若き剣士に技と心を伝授《長崎》

2024年3月21日 6:45
剣道の最高位 “範士八段” の72歳「剣道歴65年」尽きぬ探求心で若き剣士に技と心を伝授《長崎》

去年、剣道の最高位「範士八段」となった男性。

探求心を持ち続け、若き剣士に技と心を伝えています。

響きわたる竹刀の音、気力みなぎる掛け声。

諌早市の「亀舟館」の稽古です。

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「エーイッ、エーイッ、全部自分のすべての声を、自分の体の奥底からすべてを出してしまう」

小学生から高校生まで。約20人が所属する諫早市の「亀舟館」。

師範は剣道歴65年。

去年5月に剣道の最高の位=「範士八段」となった灰谷 達明さん72歳です。

剣道の有段者は全国で約200万人。

このうち「八段」は779人と合格率1%未満です。さらに「範士」の称号は、段位とは別に指導者としての技術や品格など、厳しい審査を経て与えられ、170人ほどにとどまります。

県内で「範士八段」は、灰谷さんが3人目です。

五島市福江町の出身。小学4年の時に剣道を始めました。

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「チャンバラの強いキャラクターがヒーローだったので、普通に子供らしく、そういう強いものに憧れて(始めた)」

中学生の時、めきめきと頭角を現し、五島高校時代には県大会優勝を果たします。

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「練習を1回休んだら、3日やらないと元に戻らないという先生の教えだった。今でもほとんど休んだことはない。剣道だけは、そうやって地道に継続してきた」

大学卒業後は、長崎日大高校の教諭となり「剣道部」顧問として指導。

県剣道連盟で長く理事を務め、後進の育成にも尽力。去年、会長に就任しました。

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「観見二様ありというの(張り紙)は私が書いた。上の『観』というのは、大きく観察して俯瞰してみなさい。下の『見』というのは、虫の高さで細かい所まで、小さくしっかり見て、その2つが相まって『みる』ということが形成されている」

歴史や故事を交えて、剣道の理念を子ども達に伝えています。

そんな師範を子どもたちは・・・。

(小学3年 田中 伊織くん)
「(灰谷師範は)怒る時もあるけど、優しい先生。大好き」

中学1年から道場に通う、長崎日大高校3年の本田 愛斗さん。

灰谷さんと稽古を続け、先月行われた全国高校選抜剣道大会で、県の優秀選手に選ばれました。

(長崎日大高3年 本田 愛斗さん)
「自分が打ちたくても打てない。見えない気迫や圧がすごくて、簡単には当たらない」

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「子ども達がどう伸びていくのか。それを見据えるというのが楽しみ」

達人の教えは、着実に子ども達に受け継がれています。

72歳の範士八段。今なお、剣の道を極めるべく突き進みます。

(剣道最高位「範士八段」 灰谷 達明さん)
「追究すれども、探求すれども、尽くせぬ。そういうものがあるので、自分はそれに向かっていく。あと7年ぐらい僕も努力をして、遠いところから打っていけるようにやりたい」

  • NIB NEWS NNN
  • 剣道の最高位 “範士八段” の72歳「剣道歴65年」尽きぬ探求心で若き剣士に技と心を伝授《長崎》