×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • コロナ禍前のにぎわい戻るか 破魔矢や熊手など縁起物の準備に追われる 鳥取県米子市 賀茂神社天満宮

コロナ禍前のにぎわい戻るか 破魔矢や熊手など縁起物の準備に追われる 鳥取県米子市 賀茂神社天満宮

2023年12月28日 18:59
コロナ禍前のにぎわい戻るか 破魔矢や熊手など縁起物の準備に追われる 鳥取県米子市 賀茂神社天満宮

鳥取県米子市の神社では新年に向けた縁起物の準備が進められています。

米子市の中心部にある「賀茂神社天満宮」。約700年前に建てられたといわれる由緒ある神社です。2024年の干支「辰」が描かれた破魔矢や熊手など縁起物の準備が12月から進められていて、12月28日は最終確認が行われました。

こちらの神社ではこれまでの3年間、新型コロナの感染対策として、年明け前に縁起物を用意するなど独自の対応をとっていましたが、4年ぶりにコロナ禍前の姿が戻ってきます。

賀茂神社天満宮 須山倫史 宮司
「(コロナ禍で)来にくかったかと思います。ただこれからは戻っていくという願いも込めて、(来年は)龍のように舞い上がっていくような年になると願っています」

新型コロナが5類に移行されてから初めての初詣。賀茂神社天満宮では、正月三が日の参拝客は、コロナ禍前と同じ1万人を見込んでいます。