×

樹齢100年以上 大イチョウの落ち葉による“黄金のじゅうたん” 見頃を迎える 鳥取県日南町

2023年11月14日 18:02
樹齢100年以上 大イチョウの落ち葉による“黄金のじゅうたん” 見頃を迎える 鳥取県日南町

11月13日、初冠雪した中国地方の最高峰・大山。11月14日は、晴れやかな青空の元、山頂から中腹まで雪におおわれた美しい姿を見せていました。

このところの冷え込みで各地の木々は一段と色づきを見せています。

鳥取県日南町の旧日野上小学校の高さ18メートル、樹齢は100年以上の大木です。11月8日ごろの強風や雨の影響で6割ほどが落葉しましたが、地面に落下した葉による”黄金のじゅうたん”が一番の見頃となっています。11月14日は平日にもかかわらず次々と観光客が訪れ、今しか見られない光景を写真に収めていました。

観光客
「じゅうたんね。見事ですね。冬になる前に秋を堪能出来る気分です」

中には、毎年この時期この絶景を楽しみに訪れるという親子の微笑ましい姿もー。

観光客
「もう毎年来るんですけど、すごくきれいで子ども達もすごく喜んでいるので。この大イチョウのように大きくたくましく健康に育ってもらえればと思っています」

日野上イチョウの落ち葉で作られた”黄金のじゅうたん”は今週末まで楽しめるということです。

    • 日本海テレビNEWS NNN
    • 樹齢100年以上 大イチョウの落ち葉による“黄金のじゅうたん” 見頃を迎える 鳥取県日南町