×

【リニア】「山梨県駅」なども2027年完成は困難…JR東海が会見で見通し発表(静岡市)

2024年4月4日 17:09
【リニア】「山梨県駅」なども2027年完成は困難…JR東海が会見で見通し発表(静岡市)

4日 午後、JR東海が静岡市で会見を開き、リニア新幹線工事について今後の見通しを発表しました。2027年までの完成を目指していた「山梨県駅」などについて、6年半ほど工期が伸びるということです。

静岡工区着工の見通しが立たないことから、3月 JR東海が品川-名古屋間の”2027年開業”の断念を発表したリニア新幹線。

JR東海は4日 会見を開き、着工のめどがたたない静岡工区の現在の状況などを踏まえて、品川ー名古屋間の開業時期に直接影響を与えない「山梨県駅」と、長野・飯田市に建設を予定している「座光寺高架橋」の発注見通しを発表しました。

(JR東海 澤田 尚夫 常務)
「工事の内容を精査したところ、2027年までに工事を完了させることは難しい」

「山梨県駅」と「座光寺高架橋」は、当初の開業予定だった2027年までの完成を目指していたものの、設計や地元との協議に時間がかかったことや、静岡工区の現在の状況などを踏まえて、2031年の工事完了予定に計画を変更したということです。

JR東海は「山梨県駅」などの工期が伸びることについて、「静岡工区の着工のめどが立っていないことから、品川ー名古屋間の開業時期には影響しない」と話しています。

    静岡第一テレビ
    • Daiichi-TV NEWS NNN
    • 【リニア】「山梨県駅」なども2027年完成は困難…JR東海が会見で見通し発表(静岡市)