×

「党員と名乗れない」自民幹部に批判相次ぐ 長崎知事“不記載”は言及なし 山梨県

2024年5月16日 20:23
「党員と名乗れない」自民幹部に批判相次ぐ 長崎知事“不記載”は言及なし 山梨県

 自民党派閥の政治資金問題を受け16日、自民党幹部が来県し、党所属の県議や党員と意見を交わしました。

 この中で一般の党員からは「とても自民党員と名乗れない」などと、党を批判する厳しい意見が相次ぎました。

 政治資金問題を受け、自民党は党幹部が各県連の関係者と意見交換する座談会を全国各地で開いています。

 16日は山梨県連の事務所に党本部の松山政司参院幹事長と宮崎雅夫参院議員が訪れ、県連幹部や党員と意見を交わしました。

 座談会は冒頭を除き、非公開で開かれました。

 会合を終えた松山氏によりますと、出席した県議からは「現時点で行う衆院選は厳しいものになる」と党への逆風を懸念する声が上がりました。

 また、一般の党員との意見交換では「党員だと名乗りにくい」「大いに反省してほしい」などと厳しい意見が相次いだということです。

自民党 松山政司 参院幹事長
「自民党が本当に生まれ変わったと言われるようになってほしいという強い意見だった。これをしっかりと岸田総裁や茂木幹事長はじめ執行部にも伝えるし、刷新本部の中で協議すべきは協議し山梨県連を通じて答えを返したい」

 一方、自民党籍を持つ長崎知事の資金管理団体が派閥から受け取った1182万円を収支報告書に記載せず、後に訂正した問題について松山氏は「具体的に話はなかった」と話しました。

    山梨放送
    • YBS NEWS NNN
    • 「党員と名乗れない」自民幹部に批判相次ぐ 長崎知事“不記載”は言及なし 山梨県