日テレNEWS
カルチャー
2010年10月9日 15:52

吉瀬美智子、アップ多用にびっくり「毛穴が分かるくらいで」

吉瀬美智子、アップ多用にびっくり「毛穴が分かるくらいで」
(c)NNN

映画「死刑台のエレベーター」の初日舞台あいさつが9日、都内で行われ、吉瀬美智子(35)、阿部寛(46)、玉山鉄二(30)、北川景子(24)らが登壇した。仏の故ルイ・マル監督の名作サスペンスをリメーク。主人公のアップが多用されているが、吉瀬は「あんなに大きく映っている。毛穴が分かるくらいで、自分でも驚きました」。極限状態の表情を撮影された阿部も「すごく疲れていたんです。10時間の舞台の後、2日間エレベーターに閉じ込められたので」と苦笑いで振り返った。嘔吐(おうと)シーンがあった女優の北川景子(24)は種明かしをチラリ。「メークさんとどうすればリアルになるか考えて。小麦粉か、溶かしたあめなのか…」と語った。