日テレNEWS
カルチャー
2018年12月28日 11:22

【小池里奈】“充電”終え、仕事に意欲!

【小池里奈】“充電”終え、仕事に意欲!
(c)NNN

約2年の充電期間を経て今年10月に芸能活動を再開させた女優でタレントの小池里奈(25)がこのほど、日本テレビの取材に応じた。

休養中は、ニュージーランドで語学留学、オーストラリアでワーキングホリデー(休暇を楽しみながら一定の就労ができる制度)をするなど、人間力を高めたという。
「初めて長期でお仕事をお休みして、初めて自分だけの時間をもらって、芸能じゃないお仕事をするのも初めての経験でした。人間的な意味でいろんな充電ができた」と手応えを報告した。

10月の活動復帰後は、気持ちも新たに仕事と向き合えているそうで「このお仕事ってすごく刺激的なので、楽しくて!自分の中ではいい感じで再スタートが切れたかな」と明かした。

ワーキングホリデーでは、レストランで働いた。「バイト経験がなかったのでレジ打ちから始めたんですけど、まず最初は、向こうのお金がどれがどれだか分からなくて、まずそこからでした。でもすごく楽しかったですね。向こうのお客さんはすごく優しくて、つたない英語でも笑いながら教えてくれたりして、すごく新鮮でした」と振り返った。

「Bill」と「Beer」を聞き間違えるという失敗もあったという。
「『お会計お願いします』って言われたのを、『ビール』だと思って、ビールをたくさん(テーブルに)持って行っちゃって。『お会計だよ!』って笑われて、『いいよ、いいよ、飲むよ』って。そんなことばっかりやっていましたね」と苦笑いした。

2019年の活動の抱負を聞くと、「新たなことをやってみたいな。休んでいる間に自分自身を見つめ直す時間がけっこうあったので、今まで避けていたことにも挑戦してみたいし、お仕事しながら、自分がぐんぐん吸収して、ぐんぐん頑張っていけたらな。新境地に挑戦したいです。頑張ります!」と意欲を伝えた。