×

韓国世論調査 「北の非核化など信頼」急増

2018年4月30日 11:50

南北首脳会談を受けて韓国国民の北朝鮮への見方が劇的に変わった。世論調査で「北朝鮮の非核化と平和の意思を信頼する」とした人は、以前は約15%だったが会談後は約65%に急増した。

調査は、500人を対象に南北首脳会談の前後で認識がどう変わったかを聞くもの。「非核化と朝鮮半島の平和の定着をめざす北朝鮮の意思を信頼するか」という質問に対し、「信頼する」と答えた人は会談の前は14.7%だったが今は64.7%と急増している。調査は「首脳会談で朝鮮半島の非核化と平和構築のメッセージが打ち出され国民の注目を集めたため」と分析している。

また、韓国国防省は板門店宣言を受けた措置として来月1日、宣伝放送用の拡声機の撤去を始めると発表した。宣伝放送は軍事境界線から北朝鮮に向け北朝鮮の体制批判や、Kポップのヒット曲などを流すもの。