×

“米国製品輸入増”合意も制裁撤回言及せず

2018年5月20日 9:45

貿易摩擦の解消について協議を行ったアメリカと中国が19日、共同声明を発表し、中国が対米貿易黒字の削減に向けて、アメリカ製品などの輸入を増やすことで合意した。しかし、両国が検討している制裁措置の撤回などについては言及がない。

ワシントンでは17日から2日間にわたり、米中の貿易協議が行われていた。19日になって発表された共同声明によると、中国が巨額の対米貿易黒字の削減に向けて「効果的な措置をとる」ことで一致した。中国がアメリカ製品などの輸入を「大幅に増やす」他、知的財産権に関して「関連する法律と規制の改正を促進する」という。

しかし、アメリカ側が求めてきた対米貿易黒字2000億ドルの削減も含め、具体的な数値は一切盛り込まれていない。また、両国が検討している制裁措置の撤回についても言及がなく、声明では「引き続き貿易問題の解決策を探る」としている。