×

国連安保理の緊急会合 アメリカとイラン、互いを強く非難 緊迫する中東情勢めぐり

2024年2月6日 10:36
国連安保理の緊急会合 アメリカとイラン、互いを強く非難 緊迫する中東情勢めぐり

ヨルダンでアメリカ軍の兵士が死亡した攻撃への報復が行われるなど、緊迫する中東情勢をめぐり、国連の安全保障理事会の緊急会合が5日開かれ、アメリカとイランが互いを強く非難しました。

アメリカ軍はヨルダンの米軍施設で兵士3人が 殺害されたことへの報復として、今月2日、イラクとシリアにある親イラン勢力の関連施設を空爆しました。

この報復攻撃をめぐり5日に開かれた安保理の緊急会合で、イランの国連大使は、アメリカの攻撃は民間人やインフラを標的にしたもので「国連憲章違反だ」と強く非難しました。

イラン・イラバニ国連大使
「アメリカの軍事行動は違法かつ不当であり、国際法および国連憲章の基本的規範と原則に明らかに違反している」

これに対し、アメリカは、「自衛権の行使だ」として報復の正当性を主張し、イランの責任を追及する姿勢を示しました。

アメリカ・ウッド国連次席大使
「我々は時と場所を選ばず自衛権を行使し続け、イランとその関連組織に対し責任を追及し続ける」

一方で、「イランとの直接的な衝突を望んでいるわけではない」と改めて強調しました。

    • 日テレNEWS NNN
    • 国際
    • 国連安保理の緊急会合 アメリカとイラン、互いを強く非難 緊迫する中東情勢めぐり