日テレNEWS
政治
2010年3月24日 13:40

10年度予算 きょう成立へ

10年度予算 きょう成立へ
(c)NNN

 参議院本会議で24日、10年度予算案が採決され、成立する見通し。戦後5番目のスピード成立となる。

 24日朝の参議院予算委員会で、鳩山首相はアメリカ軍普天間基地(沖縄・宜野湾市)の移設先について、依然として沖縄県外も選択肢にあると強調した。

 自民党・舛添前厚労相「もう(基地の)県外(移設)は断念だと。基本的には県内(移設)だという方針は決めているのか」

 鳩山首相「決して(基地の)県外(移設)はあきらめているという状況ではない。当然のことながら、選択肢の中にそういったものも含まれている」

 予算案は、委員会に引き続き、24日夕方に参議院本会議で採決され、与党側の賛成多数で成立する見込み。これは、戦後5番目に早い成立だが、背景には、野党・自民党が強硬姿勢を取れずじまいに終わったことがある。衆議院での審議拒否が世論の批判を受けた反省に加え、新党立ち上げを表明した鳩山邦夫元総務相の離党騒動など自民党内のゴタゴタも重なったためだ。

 自民党の党紀委員会は24日朝、邦夫氏の処分について、除名ではなく離党届を受理することを決めた。これは、邦夫氏の地元が夏の参議院議員選挙への影響を配慮して穏便な処分を求めたことを受けたもの。

 自民党は党内の混乱を収拾するのに追われ、鳩山内閣の徹底追及までには至らずに終わった。