日テレNEWS
社会
2017年9月27日 21:28

去年の参院選「1票の格差」最高裁「合憲」

去年の参院選「1票の格差」最高裁「合憲」
(c)NNN

 「1票の格差」が最大3.08倍だった去年の参議院選挙が無効かどうかが争われた裁判で、最高裁は「憲法に違反しない」「合憲」だと判断し、選挙は有効との判決を言い渡した。

 この裁判は、「1票の格差」が最大で3.08倍だった去年7月の参議院選挙は憲法違反だとして、弁護士グループが選挙の無効を求めたもの。

 去年の参院選では隣り合う選挙区を統合する「合区」が初めて導入され、以前の選挙よりも格差が是正されたことから、この取り組みへの評価が焦点となっていた。

 27日の判決で最高裁は、「合区」により格差の是正が図られており、国会が次の選挙に向け抜本的見直しをする決意も示されていると指摘した。

 その上で、違憲の問題が生ずる程度の著しい不平等状態にあったとはいえないとして、「合憲」と判断し、選挙は有効との判決を言い渡した。