×

電源供給できなく…航空管制で一時無線不通

2017年11月25日 8:12
電源供給できなく…航空管制で一時無線不通

 24日夜、札幌の航空管制の無線にトラブルが発生し、一時、北海道周辺を飛ぶ飛行機と交信ができなくなった。欠航する便が出るなど、各地に影響が出た。

 国土交通省などによると24日午後7時50分ごろ、札幌航空交通管制部の無線にトラブルがあり、北海道周辺を飛ぶ飛行機と交信ができなくなった。このため、北海道や東北を結ぶ便に欠航や遅れが出た。

 飛行機が欠航した乗客「(北海道に)2週間仕事で来たが、やっと帰れると思ったらこんな感じに。とりあえず眠りたい」

 飛行機が欠航した乗客「料理の大会が明日(25日)あるので(東京に)行く予定でした」

 飛行機が欠航した乗客「明日どうなるのかなって感じです」

 東京・羽田空港でも、チケットの変更や払い戻しをする人が列をつくった。

 北海道への飛行機が欠航した乗客「この近くでホテルに泊まって、明日の朝の飛行機で(北海道に)行こうと思う」

 トラブルは、およそ1時間半後の午後9時20分に解消したが、新千歳空港を発着する便を中心に、少なくとも21便が欠航した。

 無線装置への電源供給ができなくなっていたということで、国土交通省が状況をさらに詳しく調べている。

24時間ライブ配信中
日テレNEWS24 24時間ライブ配信中
logo

24時間ライブ配信中