日テレNEWS
社会
2018年1月12日 23:00

JR東、立ち往生「対応十分でなかった」

JR東、立ち往生「対応十分でなかった」
(c)NNN

大雪の影響で、新潟県三条市のJR信越本線で列車が15時間にわたり立ち往生したトラブルで、JR東日本は12日夜、「対応が十分でなかった」と謝罪した。

11日午後7時前、新潟県三条市のJR信越本線の踏切で、新潟発長岡行きの普通列車が大雪のため動けなくなり、乗客およそ430人が15時間にわたり車内に閉じ込められた。

このトラブルを受けてJR東日本は会見を開き、冒頭で謝罪した上で、「当初はスコップでの除雪で走行できると思っていたが、難航した」などとして、「対応が十分でなかった」と説明した。

JR東日本は今後、対応策を検討していきたいとしている。