日テレNEWS
社会
2018年1月25日 15:15

ストーカー加害者に医療機関の受診促進へ

ストーカー加害者に医療機関の受診促進へ
(c)NNN

ストーカー行為の再犯防止に向けて加害者の医療機関への受診を円滑に進めるため、警察と医療機関との連携の強化をはかる会議が行われた。

警察庁によると、ストーカー行為を行った加害者117人へのアンケートでは、「ストーカー行為をしていると思っていなかった」と回答した人が4分の1に及び、加害意識がないケースが多くあることが分かった。

警察は、必要な加害者には医療機関での診療を促しているが、受診をすすめられた加害者の6割以上が受診を拒否しているのが現状で、25日の会議では、警察と医療機関の連携のあり方が話し合われた。