日テレNEWS
社会
2018年4月22日 19:56

被害者家族「帰国につなげて」首相に訴え

被害者家族「帰国につなげて」首相に訴え
(c)NNN

米朝首脳会談などを前に、拉致被害者の家族が安倍首相と面会し、被害者の帰国を改めて求めた。

拉致被害者家族会・飯塚繁雄代表「(米朝会談などが予定される中)拉致問題がどう動いていくのか。我々が求めているのは、被害者が現実的に帰国できるかどうか」

安倍首相と面会した拉致被害者の家族は、トランプ大統領が「拉致問題を取り上げる」としている米朝首脳会談などを、被害者の帰国につなげてほしいと訴えた。

安倍首相「まさに千載一遇のチャンスととらえ、初めての米朝首脳会談において、この(拉致)問題について、金正恩委員長に日本側の考え方、解決に向けて伝えてもらいたいと、(トランプ大統領に)お話しさせていただいた」

また、拉致被害者の家族は、その後に開かれた集会で解決に向けた思いを語った。

横田めぐみさんの母・横田早紀江さん「必ずその(解決の)日が来ると信じて、(被害者が)当たり前の生活ができるように、そのことだけを願って、これからもがんばってまいります」

田口八重子さんの長男・飯塚耕一郎さん「北朝鮮が(被害者帰国に向けた)誠実な行動をとるということを、注意して見ていかなければいけないということが重要になっていく」