×

【動画】気象庁会見 太平洋沿岸に津波注意報

2023年12月3日 2:26

日本時間の2日午後11時37分頃、フィリピン付近を震源とするマグニチュード7.7の大きな地震があり、気象庁は宮古島・八重山地方から千葉県にかけての太平洋沿岸に津波注意報を発表しています。気象庁は海岸から離れるよう呼びかけています。

津波注意報が出ているのは、宮古島・八重山地方、小笠原諸島、宮崎県、伊豆諸島、三重南部、和歌山県、徳島県、高知県、鹿児島東部、千葉内房、静岡県、愛知外海です。予想される津波の高さは1メートルです。

津波注意報が発表されている地域の海の中や沿岸付近は危険です。海の中にいる人はただちに海から上がって沿岸から離れてください。

気象庁によりますと、日本時間の2日午後11時37分頃、フィリピンのミンダナオ島付近を震源とするマグニチュード7.7の大きな地震がありました。

ハワイにある太平洋津波警報センターによりますと、これまでにフィリピンのダバオで8センチ、レガスピで2センチ、パラオのマラカル島で1センチの津波を観測したということです。

一方、3日午前2時までに日本国内の検潮所で目立った潮位変化は観測されていないということです。

しかし、2012年には、フィリピン付近で発生した同程度の地震によって、八丈島の八重根で50センチの津波を観測しました。

気象庁は、今回の地震でも日本に津波が到達する恐れがあるとして、津波注意報が解除されるまでは海岸から離れて、近づかないよう注意を呼びかけています。

(※詳しくは動画をご覧ください)