×

折れた剣を包丁に、越前打刃物の技術で再生 発起人はフェンシング見延和靖選手 10本限定販売

2024年3月25日 18:53
折れた剣を包丁に、越前打刃物の技術で再生 発起人はフェンシング見延和靖選手 10本限定販売
完成した包丁を手にする見延選手(中央)

フェンシングの折れた剣が、包丁として生まれ変わりました。越前市出身で東京オリンピックの金メダリスト見延和靖選手が発起人となり立ち上げたプロジェクトで、25日から10本限定で、日本スポーツSDGs協会のウェブサイトで販売されます。(3月25日)

フェンシングの剣はマルエージング鋼という特殊な鋼で作られていて、本来は刃物には使われませんが、越前市の髙村刃物製作所が越前打刃物の技術で再生させました。刃渡りは17センチあり、薄いながらも折れにくく、切れ味抜群だということです。

包丁の表面に残る線は、フェンシングの試合の際に審判の機械につながる導線の溝で、見延選手は「“折れ剣包丁”を通じてプロジェクトを知ってもらい、越前市の伝統産業に触れて欲しい」とコメントしています。

    福井放送 福井放送
    • FBC NEWS NNN
    • 折れた剣を包丁に、越前打刃物の技術で再生 発起人はフェンシング見延和靖選手 10本限定販売