×

3:25

<日経平均株価>バブル期以来34年ぶり最高値更新「新NISA制度」個人投資↑も要因か

東京株式市場・日経平均株価は前日終値から836円52銭高い「3万9098円68銭」で取引が終了し、バブル期の1989年12月29日につけた史上最高値を更新した。約34年ぶりのことに宮城県内でも個人の投資家からは期待の声が聞かれた。 <仙台市内> 「投資はNISAをメインにやってます」 「ちょっと期待しちゃいますやっぱりここまで上がっていると」 「もうちょっと物価が下がったりとかお給料が上がったりとかはしてほしい」 アメリカの株高や日本企業の好調な業績を背景に、日経平均株価は今年に入ってから5000円以上値を上げている。この株価高騰の要因を金融関係者は次のように指摘する。

20:35