×
  • NIB NEWS NNN
  • カピバラもカバも「いい湯だな・・・」11月26日はいい風呂の日 長崎バイオパークの人気モノたちが癒しのお風呂《長崎》

カピバラもカバも「いい湯だな・・・」11月26日はいい風呂の日 長崎バイオパークの人気モノたちが癒しのお風呂《長崎》

2023年11月27日 16:00
カピバラもカバも「いい湯だな・・・」11月26日はいい風呂の日 長崎バイオパークの人気モノたちが癒しのお風呂《長崎》

いい風呂の日なのに「季節外れの暖かさ」カピバラの反応は

11月26日語呂合わせでいい風呂の日に西海市の長崎バイオパークでは、人気モノたちが「いい風呂」を楽しみました。

26日、長崎バイオパークでスタートしたのは・・・「カピバラの露天風呂」です。

バイオパークの冬の風物詩として人気のイベントです。温暖な地域に生息し寒さが苦手なカピバラのためにと、16年前から続いています。ここ数年は11月26日「いい風呂の日」に合せてスタートしていますが、

26日は、日中の最高気温が17.9度と季節外れの暖かさに。

また日曜日で多くのお客さんが詰めかけたこともあって、12頭いるカピバラのうち、露天風呂を堪能したのはメスの青葉ちゃん1頭だけでした。
それでも初めて目にしたお客さんたちはお風呂でまったりとするカピバラの様子に大喜びしていました。

福岡・久留米から
「かわいい。一緒に入りたいカピバラってお風呂に入るんですね。岩にいるイメージしかなかった」
長崎から
「大好き」
佐々町から
「のんびりしていそう。気持ちよさそうだった」
「寒いので人間と一緒で動物も温かくなればいいと思う。ほかの動物園にはないと思うのでいいと思う」

カバもくつろぐ

一方、特製の打たせ湯を楽しむのはパイオパークの人気者カバのモモちゃん。

カバ池にもカバの湯と名付けた露天風呂が登場しました。

来年30歳になるモモちゃん。

冬の寒さを和らげてくれるお風呂はお気に入りのようで時折、立ち上がってポジションを変えながら、筒から流れる温かい湯にあたっていました。

長崎バイオパーク 伊藤 雅男園長
「モモ好きですよ。きょうは初日だけど、すでにずっといる。間違いなく(打たせ湯に)癒されていると思う。深い池に入ると見えなくなるし、だから冬場は見やすくなっていると思う。ただ寝ている。気持ちよくて」

「カピバラ・カバの露天風呂」は来年2月末まで行われ、来月22日の冬至前後には「ざぼん湯」も登場するそうです。