×

東日本大震災の“キヲクのキロク”パネル展 宮城で被災の長崎市出身の女性が企画《長崎》

2024年3月6日 12:12
東日本大震災の“キヲクのキロク”パネル展 宮城で被災の長崎市出身の女性が企画《長崎》

今月11日で東日本大震災の発生から13年になるのを前に被災地で撮影された記録写真のパネル展が6日、長崎市で始まりました。

6日から始まったのは東日本大震災の「記録と記憶」を伝えるパネル展です。

宮城県仙台市で被災した長崎市出身の奥村 志都佳さんが企画し、復興のプロセスを定点撮影してきた写真などおよそ100点が展示されています。

奥村 志都佳さん 「東日本大震災の(被災地の)経過を見てもらうとともに北陸の人たちへの思いを持ってもらう機会になれば」

パネル展は長崎市立図書館で13日まで開かれています。

    • NIB NEWS NNN
    • 東日本大震災の“キヲクのキロク”パネル展 宮城で被災の長崎市出身の女性が企画《長崎》