×

園児バス置き去り事件初公判 2被告起訴内容認める(静岡地裁)

2024年4月23日 12:23
園児バス置き去り事件初公判 2被告起訴内容認める(静岡地裁)

2022年 静岡・牧之原市の認定こども園で、当時3歳の女の子が通園バスに置き去りにされ死亡した事件の初公判が23日開かれ、被告の2人は起訴内容を認めました。

(髙山 基彦 キャスター)
初公判は23日 午前10時に始まりました。
ともに黒のスーツ姿で証言台に立った元園長の増田立義被告はしっかりとした足取りで、元クラス担任の被告は女の子の両親の方にお辞儀をしながら入廷し、起訴内容を認めました。

業務上過失致死の罪に問われているのは川崎幼稚園の元園長、増田立義被告と
当時のクラス担任の被告です。

起訴状などによりますと増田被告ら2人は2022年9月、静岡県牧之原市で河本千奈ちゃん当時3歳を通園バスに約5時間置き去りにし、重度の熱中症で死亡させたとされていて、増田被告は園管理者としての責任と、バスの運転手として千奈ちゃんを車内に置き去りにした2つの責任、元担任の被告は千奈ちゃんが登園していないことを知ったあとも保護者に連絡せず、所在の確認をしなかった責任を問われています。

23日午前10時から静岡地裁で始まった初公判で増田被告と元担任の被告は、裁判長の「あなたがやったことで間違いないか」との問いかけに「はい」、「ありません」などと起訴内容を認めました。

法廷には千奈ちゃんの両親が遺影を手に「被害者参加制度」で参加していましたが、「ついたて」が設置されていて傍聴席から姿を確認することはできませんでした。また 裁判所周辺には別の幼稚園の園バスで子供を通わせていた人や保育士なども集まり、多くの人から注目を集めていました。

    • Daiichi-TV NEWS NNN
    • 園児バス置き去り事件初公判 2被告起訴内容認める(静岡地裁)