×

橋の名前のプレート「橋名板」を静岡・愛知で連続窃盗の疑いで元夫婦を追送検 被害181件 総額約2800万円相当に(静岡)

2024年6月10日 22:16
橋の名前のプレート「橋名板」を静岡・愛知で連続窃盗の疑いで元夫婦を追送検 被害181件 総額約2800万円相当に(静岡)

橋の名前が書かれた金属製の板「橋名板」が県内で相次いで盗まれた事件で、静岡県警はこれまでに40代の男女2人を、窃盗などの疑いで追送検し、あわせて181件の事件を解決したと発表しました。

ことし1月に、窃盗容疑ですでに逮捕・起訴されている、愛知県豊橋市の元夫(48)と同居する元妻(41)は、2022年から2023年9月ごろまでの間、藤枝市や島田市、浜松市など、静岡県内や愛知県内で、橋に設置された橋名板など637枚、合わせておよそ2800万円相当を盗んだ疑いがあるとして追送検され、警察は捜査を終えたということです。

2人は、盗んだ橋名板などを浜松市内の金属買取業者に売却していたということで、警察の調べに対し、容疑を認めているということです。

    • Daiichi-TV NEWS NNN
    • 橋の名前のプレート「橋名板」を静岡・愛知で連続窃盗の疑いで元夫婦を追送検 被害181件 総額約2800万円相当に(静岡)