×

あすにかけ「警報級の大雪」のおそれ 山地で20cm、平地で10cm予想 大分

2023年12月21日 18:43
あすにかけ「警報級の大雪」のおそれ 山地で20cm、平地で10cm予想 大分

大分県内では22日にかけて警報級の大雪となるおそれがあり、気象台が警戒を呼び掛けています。

強い寒気の影響で、21日朝の県内は冷え込み、最低気温は湯布院で氷点下1.7度玖珠で氷点下1.5度などとなりました。
また、21日朝は平地でも雪が降ったところがありました。

◆高校生
「(雪で)ローファーが滑らなけらばいいかな」

◆男性
「毎年寒いけど雪が降っているので特別。メガネが曇って大変」

気象台によりますと22日昼過ぎまで平地、山地ともに大雪となるおそれがあるということです。

22日午後6時までの24時間に降る雪の量はいずれも多いところで、山地で20センチ、平地で10センチと予想されています。

また、警報級の大雪になる可能性があり気象台が警戒を呼び掛けています。

    テレビ大分
    • TOS NEWS NNN
    • あすにかけ「警報級の大雪」のおそれ 山地で20cm、平地で10cm予想 大分