×

「いっぱい取れた!」園児の歓声響く 恒例の梅もぎ体験はじまる 甲斐市の梅畑

2024年5月15日 19:14
「いっぱい取れた!」園児の歓声響く 恒例の梅もぎ体験はじまる 甲斐市の梅畑

 甲斐市の公園で15日、恒例の「梅もぎ体験」が始まりました。

 初日はこども園の園児が招かれ、初めての梅もぎに歓声をあげました。

 こちらは甲斐市の敷島総合公園周辺に広がる農事組合法人「ゆうのう敷島」が管理する梅畑です。

 現地では甲州小梅の梅もぎ体験が始まり、15日は甲府市の「池田くるみの木こども園」の園児12人が挑戦しました。

 今年は天候に恵まれたため梅の生育は順調で豊作だということで、畑には子どもたちの歓声が響いていました。

 梅もぎを体験した園児
 「梅もぎ体験楽しかった」「楽しかった」「梅ジュースにする。あと梅ハンバーグにする」

 ゆうのう敷島 長田一明 組合長
 「(体験を通して)食べ物を大切に扱う気持ちが育まれたらうれしい」

 もいだ梅はお土産として各家庭に持ち帰るほか、園でジュースや梅干しにするということです。

 梅もぎ体験は5月19日まで行われます。

 梅もぎを体験した園児
「いっぱい取れました!わーい」

    山梨放送
    • YBS NEWS NNN
    • 「いっぱい取れた!」園児の歓声響く 恒例の梅もぎ体験はじまる 甲斐市の梅畑