×

メタバース空間上の最新技術が集結 『日テレイマジナリウムアワード』グランプリ作品は“事故について考えるゲーム”

2023年12月8日 23:20
メタバース空間上の最新技術が集結 『日テレイマジナリウムアワード』グランプリ作品は“事故について考えるゲーム”
『日テレイマジナリウムアワード2023』
AIやVRなどの最新技術を駆使した作品の表彰式『日テレイマジナリウムアワード2023』が8日に行われ、グランプリ作品が発表されました。

新しい才能を発掘することを目的とした『日テレイマジナリウムアワード2023』は、メタバース空間上に広がるメディアテクノロジーによる作品やプロジェクトを公募し、3部門にわけてコンテンツを集め、受賞作が発表されました。今回、グランプリには『自動運転車とぶつかる(ぶつからない)方法』が輝きました。この作品は、AIに見つからないように横断歩道を渡りきるゲームとなっており、「作品を通して“事故”について考えるきっかけになれば」という思いがあるということです。

今回受賞した作品を見ることができるのは、日本テレビの開局70年を記念して、12月9日~2024年3月3日まで開催される『日テレイマジナリウム』。このイベントは、メディアテクノロジーによる様々なアートやエンターテインメントが集まり、“リアル”に加え“メタバース空間”でも展示されるフェスイベントです。メタバース会場となる『日テレイマジナリウム』に加え、リアル会場となるMOTアニュアル extra(東京都現代美術館 企画展示室地下2階 ホワイエ)で開催されます。また、イベントには多数のアーティストも参加し、手がけた作品も展示されます。

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • メタバース空間上の最新技術が集結 『日テレイマジナリウムアワード』グランプリ作品は“事故について考えるゲーム”