日テレNEWS
カルチャー
2021年7月15日 18:36

五輪応援アンバサダーにコットン・きょん

五輪応援アンバサダーにコットン・きょん
(c)NNN

お笑いコンビ・コットンのきょんさん(33)が、東京オリンピック・パラリンピックを応援する「Make The Beat!」の公認アンバサダーに就任し、イベントに登場しました。

『TOKYO 2020 Make The Beat!』は、東京2020大会の公式応援ビート『2020beat』のリズムに合わせた動画で選手を応援するプロジェクト。その派生として、吉本興業所属の全てのタレントを対象に、インスタグラムで『2020beat』を使用した動画を募集しました。

その結果、審査員の選考によって、数多くの作品の中から優勝に輝いたきょんさん。すでにアンバサダーに決定している横澤夏子さん、おばたのお兄さんとともに、公認アンバサダーに就任し「横文字の役職なんて初めてなので、芸人の人生でこんな横文字の役職をいただけてうれしいです。がんばります」と意気込みを語りました。

審査委員長を務めた板尾創路さんは、アンバサダーとしてきょんさんに期待することを聞かれると「逆に迷惑かけんように。調子乗って法を犯してしまうとかアカンから、逆に実家に帰ってもらうとか、おとなしくしてもらって。外出禁止」とジョークを交え伝えると、きょんさんも「仕事だけには行かせてください。直帰します」と即答し、会場を盛り上げました。

イベントには他に、審査員を務めた元バレーボール選手の大林素子さん、11人組ボーイズグループ・JO1の川尻蓮さん、元水泳選手の伊藤華英さん、MCとして陣内智則さんも出席しました。


写真:コットン・きょんさん(c)TOKYO 2020