×

  • 日テレNEWS NNN
  • カルチャー
  • 【ディズニー】4年ぶりにパレードの“停止”が復活へ ハロウィーンで人気の“手下”は登場なし

【ディズニー】4年ぶりにパレードの“停止”が復活へ ハロウィーンで人気の“手下”は登場なし

2023年7月12日 17:14
【ディズニー】4年ぶりにパレードの“停止”が復活へ ハロウィーンで人気の“手下”は登場なし
東京ディズニーランド『スプーキー“Boo!”パレード』(c)Disney
東京ディズニーランドや東京ディズニーシーを運営するオリエンタルランドは12日、9月15日から10月31日までの47日間、スペシャルイベント『ディズニー・ハロウィーン』を開催することを発表しました。

東京ディズニーランドでは、ゴーストたちがミッキーやゲストたちをゾクゾクワクワクする世界へと誘うパレード『スプーキー“Boo!”パレード』が公演されます。今年は4年ぶりにパレードのフロートが途中で停止する演出が復活し、ミッキーたちと一緒にダンスを踊って楽しむことができるといいます。

ミッキーとディズニーの仲間たちはスケルトン(ガイコツ)が運行するウエスタンリバー鉄道をはじめ、奇妙で魅力的に姿を変えたテーマランドやアトラクションをイメージしたフロートで登場するといい「ディズニーの仲間たちはゴーストたちの手によってまたたく間に変身。スケルトンをモチーフとした色鮮やかな衣装に様変わりします。ゲストの皆さまと一緒にゴーストになるためのダンスを踊ると、ディズニーの仲間たちは晴れてゴーストの仲間入りを果たします」ということです。

またハロウィーンのパレードでは、以前登場したヴィランズの“手下”がファンの間では人気が高く、SNSでは「手下まだいる?」「今年あえないのかな」などの声も。今回のパレードにも登場するか注目されていましたが、オリエンタルランドによると今年は登場しないということです。

■パレード停止は2か所 たくさんのダンサーも

ゴーストたちが新しい仲間を増やすために、楽しくも怪しく、ゴースト流に変身させた東京ディズニーランドに、ミッキーやディズニーの仲間たちを招待。パレードの進行とともに新しいストーリーが繰り広げられ、見る場所によって異なる演出が楽しめるということです。

今年はたくさんのダンサーも加わり、パレードを一層盛り上げるほか、パレードはファンタジーランドを出発し、プラザとトゥモローランドトゥーンタウンの2か所で停止するということです。

■パレード構成や登場キャラクター

1.スケルトンが運行するウエスタンリバー鉄道をイメージしたフロート
(出演キャラクター:マックス、ヒューイ、デューイ、ルーイ、ホーレス・ホースカラー、クララベル・カウ)

2.巨大なヘビや奇怪な鳥たちの集うアドベンチャーランドをイメージしたフロート
(出演キャラクター:グーフィー、プルート)

3.お墓だらけのシンデレラ城をイメージしたフロート
(出演キャラクター:ミッキーマウス)

4.黒い木馬やカボチャのティーカップが回るファンタジーランドをイメージしたフロート
(出演キャラクター:ミニーマウス、クラリス)

5.奇妙なクマたちが船上でコンサートを行う、カントリーベア・シアターと蒸気船マークトウェイン号をイメージしたフロート
(出演キャラクター:ドナルドダック、デイジーダック)

6.カボチャに乗り移ったゴーストの小動物たちが暮らすクリッターカントリーをイメージしたフロート
(出演キャラクター:チップ、デール)