日テレNEWS
国際
2016年11月10日 2:00

イスラエル首相 トランプ氏勝利で期待感

 アメリカとの関係が冷え込んでいるイスラエルのネタニヤフ首相は9日、トランプ氏の勝利を受け、両国の関係強化に期待感を示した。

 ネタニヤフ首相は9日、「トランプ氏はイスラエルの真の友人だ」「同盟関係をさらに強化できるだろう」などと述べ、トランプ氏に期待感を示した。

 トランプ氏は過去に、「自身が大統領に選出された場合、エルサレムをイスラエルの首都と認める」などと発言していた。

 イスラエルは、エルサレムを首都と主張しているが、多くの国はこれを認めていない。

 トランプ氏がエルサレムを首都と認めれば、パレスチナなどの反発は必至で、中東和平はさらに遠のくとの見方が広がっている。