×

  • 日テレNEWS NNN
  • 国際
  • マクドナルド、ロシア全店舗を一時的に閉鎖「不必要な苦しみ無視できない」

マクドナルド、ロシア全店舗を一時的に閉鎖「不必要な苦しみ無視できない」

2022年3月9日 4:28

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ハンバーガーチェーン大手のマクドナルドは、ロシアの全店舗を一時的に閉鎖すると発表しました。

マクドナルドは8日、ロシア国内に展開する850店舗を一時的に閉鎖し、営業を停止すると発表しました。「ウクライナで繰り広げられている不必要な人間の苦しみを無視することはできない」ためだとしています。

ロシア国内の従業員6万2000人に対しては給与の支払いを続けるということですが、店舗を再開できる時期は未定だとしています。

ロシアでのマクドナルド1号店は、ソビエト連邦が崩壊する前年の1990年にモスクワでオープンしていました。