日テレNEWS
政治
2010年3月1日 23:45

参院選前「谷垣おろし」の可能性も~舛添氏

参院選前「谷垣おろし」の可能性も~舛添氏
(c)NNN

 「民主党は長崎県知事選挙と東京・町田市長選挙で敗れたが、世論調査において自民党の支持率は横ばいか低下している。民主党の支持率は自民党の2倍。これは致命的だ。もし、心ある自民党の政治家がこの点を考慮するなら、谷垣氏を総裁の座から引きずりおろす動きとなるだろう」-自民党の支持率が低迷する中、参議院議員の自民党・舛添前厚労相は1日、外国特派員協会で講演し、谷垣総裁が変わらなければ党の改革はできないとの考えを示した。

 講演は英語で行われ、舛添氏は「民主党に次々と問題が起きているにもかかわらず、自民党の支持率は低迷したままだ」と指摘し、夏の参議院議員選挙前にも谷垣総裁が交代する可能性があるとの見方を示した。

 一方で、「今後、自らの経済政策を執行部が受け入れなければ、もはや党にはとどまれない」と述べ、新党結成の可能性に言及した。その上で、連携を模索する相手として、みんなの党・渡辺代表や民主党・前原国交相らの名前を挙げた。