日テレNEWS
政治
2012年4月5日 13:00

大飯原発再稼働 大阪市長、政府の対応批判

大飯原発再稼働 大阪市長、政府の対応批判
(c)NNN

 福井県の大飯原発3・4号機の再稼働をめぐり、野田首相と関係閣僚3人は、政府として原発の安全性を確認した上で福井県などに説明し、正式に再稼働を要請する方針だが、こうした政府の動きについて、大飯原発の周辺自治体であり「関西電力」の筆頭株主でもある大阪市の橋下徹市長は5日朝、「これでは政権はもたない」などと痛烈に批判した。

 橋下市長「昨日の今日で暫定的な安全基準なんて作れるわけないんですよ。本当に危険。まぁ、もう政権はもたないと思いますよ。絶対もたない。誰が考えてもわかる。そんな安全基準を作って、これから安全性をチェックする。2日前に暫定的な安全基準、しかも保安院(経産省の原子力安全・保安院)というなくなる組織に安全基準を作らせて、それで今度、誰がその安全チェックをしたかわからないままで動かすなんて、そんなプロセス絶対間違っていますね」