日テレNEWS
政治
2018年1月25日 21:16

衆院予算委 質問時間「与党3:野党7」に

衆院予算委 質問時間「与党3:野党7」に
(c)NNN

国会では補正予算案の予算委員会での本格審議を前に質問時間の配分をめぐって与野党の対立が続いていたが、来週開かれる衆議院の予算委員会は、与党3対野党7の割合で配分することが決まった。

安倍首相が出席する衆議院予算委員会の質問時間の配分をめぐり、自民党は「与党5対野党5」を提案していた。これに対し、立憲民主党など野党側は「去年の通常国会と同じ、与党2対野党8が出発点」と反発していたが、調整がつかないため、「与党3対野党7が最低ライン」と主張していた。

その後の与野党の協議の結果、最終的に与党側も妥協し、質問時間を与党3対野党7に配分することで合意した。

衆議院の予算委員会は、来週29日から本格審議に入る。