日テレNEWS
政治
2018年9月6日 11:02

北海道震度6強:政府、緊急の関係閣僚会議

北海道震度6強:政府、緊急の関係閣僚会議
(c)NNN

北海道で発生した震度6強の地震を受けて政府は、緊急の関係閣僚会議を開くなど対応を急いでいる。

安倍首相は6日朝、記者団の取材に応じ災害応急対応に全力を挙げる方針を示した。

安倍首相「今回の地震によって、心肺停止、土砂崩れ、家屋の倒壊、そして大規模な停電が発生している、被害が出ているという報告を受けています。政府としては、人命第一で、政府一丸となって災害応急対応にあたってまいります。これから危機管理のために、しっかりと対応していきたいと思います」

また、菅官房長官も6日朝、記者会見を行い、大規模な土砂崩れが発生している厚真町で、6軒以上の家屋倒壊が確認されていると明らかにした。

そして首相官邸で開かれた関係閣僚会議では、安倍首相が被災自治体と連携し、被災者の救命救助やライフラインの復旧に全力であたるよう指示した。

一方、自衛隊も北海道知事からの災害派遣要請により現地で活動を始めている。すでに自衛隊員4000人が活動していて、今後2万5000人まで態勢を強化する予定。