×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

各地で雷が原因とみられる被害相次ぐ

2012年5月29日 19:38
各地で雷が原因とみられる被害相次ぐ

 29日は東日本の太平洋側や近畿を中心に不安定な天気となり、各地で雷によるとみられる被害が相次いでいる。

 神戸市の工事現場では、43歳の作業員が落雷で感電し、意識不明の重体となった。

 大阪・箕面市では、「向かいの家に雷が落ちて火が出ている」と通報があり、消防が駆けつけたところ、住宅の外壁の一部や配電盤が焼けていたという。

 埼玉・日高市では午後3時半頃、木造2階建ての民家の2階部分と1階の一部を焼く火事があった。ケガ人はいなかった。住民が「ドーンという音を聞いた」と話していることから、警察などは落雷による火事とみて調べている。