日テレNEWS
社会
2013年2月7日 18:51

東電が“虚偽”説明 国会事故調、調査断念

東電が“虚偽”説明 国会事故調、調査断念
(c)NNN

 福島第一原発事故をめぐり、国会の事故調査委員会が去年、「東京電力」に現地調査を申し入れた際、東電が誤った日付の映像を見せて「暗くて危険だ」などと説明したため、現地調査を断念していたことがわかった。

 田中三彦元委員によると、去年2月、事故調が1号機の内部の調査を申し入れたところ、東電が内部映像を見せて、「映像はカバー設置前だが、現在はカバーがかけられて内部は暗くて危険だ」などと説明したため、調査を断念したという。

 しかし、映像はカバー設置後のものとわかり、田中元委員は「都合の悪いものの発覚を恐れた調査妨害だ」と主張。7日、あらためて現地調査を要請する文書を衆参両院の議長らに提出した。

 東電は「撮影日時などを誤ったことはおわびするが、実際に内部は危険な状態で、調査妨害の意図はなかった」などとコメントしている。