日テレNEWS
社会
2014年10月3日 17:28

“今年最強クラス”台風 週明け上陸恐れも

“今年最強クラス”台風 週明け上陸恐れも
(c)NNN

 今年最強クラスの台風が北上している。大型で非常に強い台風18号は週明け、近畿から関東にかけて上陸する恐れもある。

 台風の強風域に入っている沖縄県の南大東島は沖縄本島から約360キロ南東にある。3日午後現在、雨は降っておらず、日差しが見えることもあるが、ゴーゴーと音を立てて足を踏ん張っていないと立っていられないほどの強い風が吹いている。

 地元の気象台によると、南大東島では、3日午後4時20分に最大瞬間風速23.7メートルを観測した。風速20メートルは風に向かって歩けず、転倒する人も出るくらいの風だという。南大東島には3日午後現在、波浪警報と強風注意報が出されている。風はこれから徐々に強くなり、夜遅くには最大瞬間風速35メートル、波の高さは7メートルになると予想されている。

 南大東島では住民が窓に板を打ち付けて補強したり、船を陸上に固定したりするなど、台風への対策がとられている。他にも、海岸近くでは風力発電用のプロペラがあらかじめ倒されるなど対策がとられていて、早めの避難を呼びかけている。

 台風18号は、この後、南大東島の東の海上を通過するルートで本州に接近していく見通しで、島は4日未明~明け方には暴風域に入る見通し。