日テレNEWS
社会
2022年2月7日 16:24

葛飾区 区立図書館と博物館が臨時休館 保健所に職員派遣で

新型コロナウイルスの急激な感染拡大の影響で、保健所に職員を派遣するため、東京・葛飾区では、区立の図書館と博物館が7日から臨時休館となります。

葛飾区では、新型コロナの急激な感染拡大の影響で、保健所の業務がひっ迫しているため、応援の職員を派遣することになりました。この影響で区立の図書館と、「葛飾区郷土と天文の博物館」が7日から今月28日まで臨時休館となります。

応援職員は、感染者情報を一元管理するシステム「HER-SYS」の入力作業などを行い、のべ440人程度が保健所に派遣されるということです。第5波でも応援職員を派遣しましたが、今回はその約2倍の人数にあたります。

図書館では、ネットなどで予約した本の受け取りや返却は可能で、図書館は、「ネット環境等が整っている人はぜひ利用してほしい」としています。