日テレNEWS
社会
2018年8月28日 19:44

「風疹患者」が大幅増加 感染拡大の恐れ

「風疹患者」が大幅増加 感染拡大の恐れ
(c)NNN

「風疹」の患者が、例年に比べ大幅に増加している。

「風疹」は発疹や発熱を伴う感染症で、妊娠中の女性がかかると、赤ちゃんに難聴や心臓疾患などの障害が起きる恐れがある。

国立感染症研究所によると、今年1月から今月19日までの全国の患者数は184人で、既に去年1年間の患者数の2倍近くになっている。

関東地方を中心に増加していて、感染が拡大する恐れがあるため、厚生労働省は予防接種を呼びかけている。