日テレNEWS
社会
2020年1月27日 14:16

五輪まで約半年“サイバー攻撃”の対処訓練

五輪まで約半年“サイバー攻撃”の対処訓練
(c)NNN

東京オリンピック・パラリンピックを約半年後に控え、警視庁は27日、鉄道や電力会社などとサイバー攻撃を受けた際の対処訓練を行った。

警視庁・緒方副総監「来る東京2020大会の進行を妨害するなどの悪質な意図をもったサイバー攻撃の脅威が現実のものと言わざるを得ません」

訓練は、警視庁と鉄道や電力、金融などインフラに関わる事業者58社が3日に分かれて行うもので、いずれも、IT技術を利用して在宅勤務などを行うテレワークが何者かに狙われサイバー攻撃を受けたという想定で行われる。

大会期間中は交通機関の混雑緩和のため、テレワークを実施する企業が増えるとされ、警視庁はテレワークでパソコンなどを使用する際には、複数の認証システムを使うよう呼びかけている。