×

  • 日テレNEWS NNN
  • スポーツ
  • ラグビーW杯個人ランキング 得点トップはフランスを支えるキッカー 日本の司令塔もランクイン 予選プール全日程終了

ラグビーW杯個人ランキング 得点トップはフランスを支えるキッカー 日本の司令塔もランクイン 予選プール全日程終了

2023年10月10日 6:01
ラグビーW杯個人ランキング 得点トップはフランスを支えるキッカー 日本の司令塔もランクイン 予選プール全日程終了
ラグビーW杯 予選プール全日程終了時点での個人ランキング
ラグビーワールドカップ2023フランス大会(9月8日-10月28日)

ラグビーW杯は9日に予選プールの全日程が終了。8チームが決勝トーナメント進出を決めました。ここまで全チームが4試合ずつ終えましたが、個人成績はどうなっているのでしょうか?

まずは、得点ランキングです。トップは、フランスのトマ・ラモス選手。正確なキックを武器に『19』ものコンバージョンゴール、6つのペナルティゴール、1トライを決め61得点をマーク。地元開催となったフランスのプールA首位通過に大きく貢献しました。また、4位には安定したキックで46得点を記録した日本の司令塔・松田力也選手が入っています。

トライ数のトップはフランスのダミアン・プノー選手。開幕戦でオールブラックス(ニュージーランド代表)からトライを奪うなど、ここまで6トライを記録。2位タイには4選手が5トライで並んでいます。

タックル数のトップはトンガのシオネ・ハヴィリ・タリトゥイ選手で『69』をマーク。また、3位タイには、日本のピンチを何度も救ったリーチ マイケル選手が62タックルを記録しランクイン。5位には56タックルでジャック・コーネルセン選手が名を連ねています。

【得点数ランキング】
1位 61得点 トマ・ラモス(フランス)
2位 53得点 ダミアン・マッケンジー(ニュージーランド)
3位 51得点 ジョナサン・セクストン(アイルランド)
4位 46得点 松田力也(日本)
5位 45得点 ベン・ドナルドソン(オーストラリア)

【トライ数ランキング】
1位 6トライ ダミアン・プノー(フランス)
2位 5トライ ルイス・リース=ザミット(ウェールズ)
       ヘンリー・アランデル(イングランド)
       ダミアン・マッケンジー(ニュージーランド)
       ダーシー・グレアム(スコットランド)

【タックル数ランキング】
1位 69 シオネ・ハヴィリ・タリトゥイ(トンガ)
2位 63 ニコラス・マルチンズ(ポルトガル)
3位 62 リーチ マイケル(日本)
     トルニケ・ジャラゴニア(ジョージア)
5位 56 ジャック・コーネルセン(日本)