×
福井放送 福井放送
  • FBC NEWS NNN
  • “イルカ”が福井に避難 七尾市の水族館が被災 越前松島水族館が受け入れ

“イルカ”が福井に避難 七尾市の水族館が被災 越前松島水族館が受け入れ

2024年1月8日 19:34
“イルカ”が福井に避難 七尾市の水族館が被災 越前松島水族館が受け入れ
越前松島水族館に避難したイルカ=提供・のとじま水族館

元日の能登半島地震によって施設の一部が壊れ、復旧作業が続いている七尾市ののとじま水族館から、カマイルカ2頭とゴマフアザラシ1頭が坂井市の越前松島水族館に避難しています。要請を受けたわずか3日後に避難を受け入れたもので、6日に飼育員らが七尾市に向かい、トラックで4時間近くかけて移送しました。(1月8日)


1997年にナホトカ号の重油流失事故が起きた際には、松島水族館のイルカの飼育環境が悪化し、のとじま水族館へ避難していました。

当時イルカの飼育員だった松島水族館の松原館長は「我々も経験していますが、本当にどうしようもない緊急事態の時に同じ業界の人間が助けてくれるのは本当に心強かった。今度はその分恩返しできたら。のとじま水族館がもう一度環境が整い返還できるまで、元気で健康に過ごせるように飼育していきたい」と、恩返しへの思いを語りました。

避難してきたイルカとアザラシは飼育環境に慣れさせるため、しばらくの間は公開しないということです。