×

スマホを使いこなす 公民館で60歳以上向けに使い方講座【長崎】

2023年11月21日 20:01
スマホを使いこなす 公民館で60歳以上向けに使い方講座【長崎】

60代の7割が使っているスマートフォン。

子どもや孫とのコミュニケーションツールとして使いこなしたい、と思う人が増えているようです。

(NPO法人まちラボ 羽良旭人さん)
「スマートは賢い、フォンは携帯電話。賢い携帯電話という意味でスマートフォン」

スマホ講座はNPO法人まちラボと市教育委員会が60歳以上を対象に開いていて、21日は12人のスマホ初心者が参加しました。

長崎市に住む今宮諭枝さんは、スマホは持っていますが使いこなせていなかったといいます。

(今宮諭枝さん)
「ラインの文字の入れ方が分からない。どうしたらスタンプが入れられるのかわからない。でも本当は覚えたい。気持ち的には。いろいろ繋がってみて使いこなしたい」

「滑石公民館のWi-Fiの電波をここで受けられるように設定をした」

総務省によりますと、18歳から49歳までスマホの利用率は90%以上なのに対し、70歳以上は40%ほどで普及は進んでいるものの世代間にはまだ格差が。

利用する上での不安を解消するため、料金の仕組みからWi-Fiの設定方法まで詳しく説明しました。

特に知りたかったというのが…

(田崎満さん)
「写真だけできた。私のペット。カメさん」

無料通信アプリ「ライン」の基本的な使い方です。

参加者でグループを作り、写真を送り合いました。

「できた」

(今宮諭枝さん)
「スマホを扱うことに対して希望が出てきた。すごく助かった。ためになった。買い物をするときにスマホ決済が出てくるのをよく見る。そういうのも少し入ってみようかなと思った」

(NPO法人まちラボ 羽良旭人さん)
「前から見ていると最初は結構不安そうな顔。ちょっとずつ分かってくるようになってきてみんなでわいわい、わちゃわちゃしている姿を見るとうれしい気持ちになる」

今では日々の生活に欠かせないスマートフォン。

講座は、長崎市の南公民館、中央公民館で来年2月にも開催予定です。

    • NIB NEWS NNN
    • スマホを使いこなす 公民館で60歳以上向けに使い方講座【長崎】