×

国際クルーズ拠点として2020年整備 浦頭地区ターミナル 佐世保市が来年3月から供用開始へ《長崎》

2023年12月6日 19:18
国際クルーズ拠点として2020年整備 浦頭地区ターミナル 佐世保市が来年3月から供用開始へ《長崎》

佐世保港の浦頭地区の国際ターミナルについて、佐世保市が来年3月から供用を開始する方針であることがわかりました。

コロナ禍で遅れていましたが、市が暫定的に管理運営を行います。

佐世保港の浦頭地区のターミナルは、国際クルーズ拠点として2020年に整備されました。

世界最大手の「カーニバル・コーポレーション&PLC」が管理運営する予定でしたが、コロナ禍で定期的な寄港が見込めず、供用開始が遅れていました。

佐世保市によりますと、今後、寄港の増加が見込まれることから、市がカーニバル社から無償でターミナルビルを借り、運営するということです。

来年3月からの供用開始に向け、早ければ年内にも契約を結ぶ方針です。

    • NIB NEWS NNN
    • 国際クルーズ拠点として2020年整備 浦頭地区ターミナル 佐世保市が来年3月から供用開始へ《長崎》