×

さまざまな角度から楽んで「映画ポスター館」愛好家が60年かけ収集した自慢のコレクション《長崎》

2024年3月16日 6:45
さまざまな角度から楽んで「映画ポスター館」愛好家が60年かけ収集した自慢のコレクション《長崎》

世界中の映画ポスターが、すべての部屋に展示されているそうです。

愛好家の男性が約60年かけて集めた自慢のコレクション。

楽しむポイントも聞きました。

イタリアのポスター。日本の怪獣映画の名作が「ロダン」となっています。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「これは(日本では)“ラドン”。阿蘇の火口からラドンが出てくるけど、長崎県の鹿町炭鉱をロケに使っている。映画の中では、佐世保の三浦教会の上を飛んだり、西海橋を壊したりする」

抽象画で描かれているのは・・・

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「黒澤 明監督の“羅生門”。(当時)チェコとかポーランドとか共産圏は、絵画では抽象画が許されなかったけど、ポスターでは結構緩かった」

佐世保市の住宅地に去年春に オープンした「佐世保映画ポスター館」。

館長は、映画愛好家の菅 正明さん(71)です。

膨大なコレクションを整理しようと、一軒家を購入し、ポスターなどを展示しています。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「住んでいる家で寝るところもなくなってきた。(目的は)自分が何を持っているかを確認するのが一番。ついでに見たい人がいたら、見に来られたらいかがですかと」

積み上げられたポスターやチラシは数万点。

中学生の頃から集めてきました。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「テレビで見たジョン・フォードの”荒野の決闘”。これおもしろいなと思って。それからだんだん、映画館に行くようになった」

コレクションは映画館で集めるほか、オークションで購入したり、海外の愛好家と交換することも。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー(の宣伝のぼり)。鈴までついている。(映画の中で)幽霊が出てきたとき鳴っていた。

これは韓国のチラシ。これはミッションインポッシブル、日本のよりひとサイズ大きいので立派」

企画展「レイモンド・チャンドラーとミッキー・スピレインの世界」は3月20日まで。今、展示しているのは、アメリカのハードボイルド作品に関連した60点です。

初心者でも わかるように楽しみ方を教えてもらいました。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「同じ映画のポスター。フランスの映画ポスター、これがイタリア、これがアメリカ。そしてこれがチェコのポスター。ポスターも国によって雰囲気が違う」

ここには、映画の一場面をカードにした “ロビーカード”も。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「劇場のロビーに貼ってあったからそう呼んでいるんだと思う。これにあるからといって、映画の中に出てくるとは限らない。スチール写真は別個に撮るから、映画にない場面も結構ロビーカードに使われている」

映画に魅せられて約60年。

菅さんは、今後も収集を続け整理しながら、展示を続けていきたい話します。

(佐世保映画ポスター館 菅 正明さん)
「4月は “世界の名探偵”で、チャーリー・チャンやエラリー・クイーンをしたい。見て、こんなものがあるんだと分かってもらえば一番いい」

「佐世保映画ポスター館」の入場は無料。

展示は、半年ごとにテーマを変えていくということで、さまざまな角度から映画を楽しむことができそうです。

  • NIB NEWS NNN
  • さまざまな角度から楽んで「映画ポスター館」愛好家が60年かけ収集した自慢のコレクション《長崎》