×

対馬市で浮上の核ごみ最終処分場誘致問題 市民団体が知事に反対の姿勢を表明するよう申し入れ【長崎】

2023年11月9日 21:11
対馬市で浮上の核ごみ最終処分場誘致問題 市民団体が知事に反対の姿勢を表明するよう申し入れ【長崎】

対馬市で浮上した原子力発電所から出るいわゆる「核のごみ」の最終処分場誘致の動きを巡り、市民団体が9日、大石知事に反対を表明するよう申し入れました。

(民主長崎県政をつくる会 山下優子事務局長 )
「被爆県として核のごみは受け入 れられないという表明をぜひし てほしい」

申し入れを行ったのは共産党系の市民団体「民主長崎県政をつくる会」です。

原発から出る高レベル放射性廃棄物いわゆる「核のごみ」を巡っては対馬市議会で今年9月、最終処分場誘致の前提となる「文献調査」の受け入れを促進する請願が採択されましたが、その後、対馬市の比田勝市長は「文献調査」に応募しない考えを正式に表明しました。

こうした動向を踏まえ、申し入れでは大石知事に対しても「核のごみ」の最終処分場の誘致に明確に反対の意思を表明するよう求めています。

(民主長崎県政をつくる会 山下優子事務局長)
「対馬の問題ではなくて長崎県全体の問題なので一緒に協働してたたかっていきたい」

要望書を受け取った県の担当者は「知事に伝える」としています。

    • NIB NEWS NNN
    • 対馬市で浮上の核ごみ最終処分場誘致問題 市民団体が知事に反対の姿勢を表明するよう申し入れ【長崎】