×

【県高総体】新体操「活水5年ぶり優勝」ハンドボール男女・弓道男女の優勝校は《長崎》

2024年6月3日 17:03
【県高総体】新体操「活水5年ぶり優勝」ハンドボール男女・弓道男女の優勝校は《長崎》

先週末に開幕した高校生のスポーツの祭典「県高総体」です。

2日に行われた新体操競技の団体には、活水と長崎女子が出場。インターハイへの切符をかけて華麗な演技を披露しました。

1チーム5人で演技する新体操の団体。

今大会はフープを使い、技の難易度や表現力などを競います。

インターハイへの1枚の切符を争うのは5年ぶりの頂点を狙う活水と、通算50回の優勝、4連覇を目指す長崎女子です。

先に演技を披露したのは活水。

調和のとれたレベルの高い演技に、会場からは大きな拍手が。

練習の成果をミスなく出し切った選手たちの目には涙も。活水の得点は21.2点。

対するディフェンディングチャンピオン、長崎女子の演技。

こちらは迫力のある演技で観客を魅了。

応援に駆け付けた150人の生徒たちも、手拍子で選手たちを後押しします。

21.2点を上回れば長崎女子の勝利ですが、結果は、20.6点。わずかに届きませんでした。

新体操は、活水が5年ぶり16回目のインターハイ出場を手にしました。

(城野 にこ主将(3年))
「2年間出られなかった分、出たい気持ちが強くあったので、今年最後に出られてよかった。インターハイでは、より良い演技を目指してノーミスの演技で乗り切る」

(向井杏奈 監督)
「正直に言うと嬉しい。(インターハイでは)きょうを上回れる演技で、皆さんにいい報告ができるよう頑張りたい」

インターハイの新体操競技は、8月に北九州市で行われます。

県高総体、3日に行われたそのほかの競技の主な結果です。

最終日となったハンドボールは決勝が行われました。

男子は瓊浦が長崎日大を破り、2年連続19回目の優勝。

女子は佐世保商業に競り勝った純心女子が、21年ぶりの頂点に輝きました。

続いて弓道は、団体戦の決勝リーグが行われ、男子は海星が2年連続8回目、女子は島原が2年ぶり12回目の優勝を果たしました。

NIBでは、県高総体のサッカーの全試合とバスケットボールの決勝リーグの模様を、AIカメラで撮影し、インターネット配信しています。

NIBのホームページから見ることができます。

  • NIB NEWS NNN
  • 【県高総体】新体操「活水5年ぶり優勝」ハンドボール男女・弓道男女の優勝校は《長崎》