×
  • 日本海テレビNEWS NNN
  • 12月22日は「冬至」 近所の人から提供されたユズを入れた温泉で“ゆず湯”をサービス 鳥取県鳥取市

12月22日は「冬至」 近所の人から提供されたユズを入れた温泉で“ゆず湯”をサービス 鳥取県鳥取市

2023年12月22日 18:01
12月22日は「冬至」 近所の人から提供されたユズを入れた温泉で“ゆず湯”をサービス 鳥取県鳥取市

12月22日は1年で最も太陽の出ている時間が短い冬至です。山陰各地で冬至の風習として知られるゆず湯を満喫する姿が見られました。

鳥取市の吉岡温泉にある「一ノ湯」では、毎年恒例のゆず湯のサービスが行われました。大浴場や露天風呂に近所の人から提供されたユズが浮かべられ、訪れた人がゆず湯を満喫していました。冬至の日のサービスとして、こちらの温泉施設で毎年行っているゆず湯。

柑橘系のユズの香りとともに体がぽかぽかと温まるのが魅力です。山陰地方は、連日厳しい寒さが続いていますが、利用客は、冷えた体をゆず湯でしっかりと温めていました。

利用客
「冬の晴れ間のこの寒い中でいいですね。最高ですわ」

「最高だわ一番。入った方がいいで」

一ノ湯 三谷法明管理人
「これから厳しい冬にむかってですね、それを乗り越えていただくように。ゆず湯に入られますと、ひときわぽかぽかと体も温まりますので、そういう趣旨で行っております」

冬至の日限定のゆず湯。冷え込みが強まった12月22日、利用客は体の芯からぽかぽかになっていました。